ギャッベを織る遊牧民

ギャッベの故郷イランのザクロス山地で遊牧生活をおくる部族
カシュガイ族とルリ族

 

どちらもギャッベの素晴らしい織り手です。

今日ご紹介するこの一枚は「ルリバフト」と呼ばれる
ルリ族が織ったギャッベです。

IMG_4730

特徴はルリ族の伝統柄を織り込んであること。

IMG_4732

細い糸で織られるため、織りが非常に細かく
厚さは薄めです。

IMG_4731

ペルシャ絨毯に近い風合いです。

そして・・・ギャッベの中でも高価なものになります(≧▽≦)

芸術性の高い「ルリバフト」

この機会にぜひ見に来てくださいね。(^^)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中