2月6日

タイトルが思いつかないので、記事を書くのも一苦労。

スタッフKです。

2月に入り、寒さが厳しさを増したような気がしなくもないですね。

つい昨日メンテナンスにお客様のお家を訪ねさせていただきましたが、温かな旦那様と奥様の雰囲気にこちらまで和やかな雰囲気に。

天然木、オイル仕上げのテーブルはアーティスティックなお子様方の天然のキャンパスになってました。

残しておきたい気持ちもありましたが、ペーパーでいったん消させていただいて、また新たなアートを・・とオイルを塗ってまいりました。

毎度のことながら、仕上がり後の天然木の艶やかな雰囲気や、傷の薄まり具合などは感動を呼ぶようです。

決して、傷や汚れが100%取れます!!という塗装ではないので、注意してくださいね!!

家族が確かにそこにいて、成長していて、大人になって。っていう過程をちょこちょこ、ポツポツ確かな事実として刻んでいけるのがオイル塗装の家具。そんな風に今回のメンテナンスは思いました。

ac_atu_livos-oil_top

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中